「美肌」「関節」のためにコラーゲンっていいの?

「美肌」「関節」のためにコラーゲンっていいの?

現在、市場には様々な種類のコラーゲン食品が出回っています。

ドリンク、ゼリー、粉末、タブレット等、これらは「肌に良い」「足腰の痛みによい」「血管の増強によい」等、魅力的なうたい文句で販売されており、「年をとると体内のコラーゲン量が減るから摂った方がよい」と宣伝されているものもあるようで、あたかもコラーゲン食品を食べれば足腰の健康や美肌を保つことができるような錯覚にとらわれます。

「美肌」「関節」のためにコラーゲンっていいの?
そもそも、コラーゲンとはどういうものなのでしょうか。また、「コラーゲン食品」という形でコラーゲンを摂取することは、本当に肌や関節などに「よいもの」なのでしょうか。

 

2.コラーゲンってなに?その効果は?
コラーゲンとは、タンパク質の一種で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓など全身に広く分布しています。コラーゲンは、アミノ酸 (グリシン、プロリン、ヒドロシキプロリンなど) がつながったポリペプチド鎖が3本でらせん構造をとっており、いろいろなタイプがあります。皮膚や腱などの主要なコラーゲンはI型、軟骨の主要なコラーゲンはII型と呼ばれています。
コラーゲンは「皮膚」「骨・軟骨」を構成する物質として、なくてはならないタンパク質なので、「それを食べれば、皮膚や関節によいに違いない」と思うかもしれませんが、残念なことに、現時点での科学的知見では、コラーゲンを食べても「美肌」「関節」に期待する効果が出るかどうかは不明です。

 

  1. コラーゲンの医療への期待
  2. これからは全身にコラーゲンペプチド
  3. コラーゲンが「関節」に効くしくみ
  4. コラーゲンが「骨」に効くしくみ
  5. コラーゲンが「髪・爪」に効くしくみ
  6. 肌の組織とコラーゲン
  7. コラーゲンはカラダにどういいの?
  8. コラーゲンの構造
  9. コラーゲンの役割
  10. コラーゲンとは何?
611 Lượt xem