ことわり方・謝り方・頼み方

ことわり方のマナー

人と人、会社と会社とのつきあいのなかで、ことわることほど難しいものはない。ムッとさせるか、納得させるかはことわり方次第。

  • まずよく相手の申し出を聞くのが第一。ことわりのことばは誠意をこめて「申しわけありませんが」と頭を下げて言えばやわらか。
  • 「私どもの力不足で」「社の方針ですので」など、ことわる時にも相手の責任ではないというニュアンスが必要。
謝り方のマナー

たとえ自分のミスではなくても言いわけ無用。会社を代表して謝る気持ちがポイント。

  • 「失礼があったそうで」の「~そうで」は、どこかで責任逃れしようとしている証拠。自己弁護は会社全体の評価を下げることに。
  • 姿勢を正し、恐縮した態度で。「申しわけございません」とはっきりと頭を下げること。
頼み方のマナー

頼みごとをするときは「恐れいりますが」「恐縮ですが」で始めて、あくまでも謙虚に。

教えを請う時
「ご都合のいい時、10分ほどお時間いただけませんか」と、まず相手の都合を第一に。
協力を頼む時
時と場合によっては上司からの援護射撃も必要。書類で、電話で、会ってと事の重要性を考えて手段を選ぶ。押しつけがましい、身勝手ととられないよう、相手の意見も充分聞く態度でのぞみたい。
603 Lượt xem