場所や状況でのマナー

静かな場所

レストランやホテルのロビーなどの静かな場所では、着信音や電話の話し声は気になるもの。着信音が鳴らないマナーモードを設定したり、声のトーンを控える。または他の人の迷惑にならない場所に移動するなど、気配りが必要だ。

電車やバスの中など

公共の乗り物の中では着信音を消し、通話を控える。もし車内で着信した場合は、車内であることをことわって、後でかけ直すようにする。また、心臓ペースメーカー等の医療用電子機器を使用している人が乗っている可能性があるので、優先席付近では電源をオフにする。新幹線では指定の場所でかける。

映画・劇場・美術館など

映画館、劇場、美術館などでは電源を切っておく。バイブレーターなどのちょっとした音でも、他の人の楽しみに水をさすことになる。

病院内・飛行機

電子機器や医療電気機器を取り扱う病院内、飛行機などの、使用を禁止された区域では、電源を切っておこう。携帯の電源が入っていると、通話中でなくても自動的に電波を出す場合があり、電子機器が誤作動を起こす可能性がある。また、携帯電話の持ちこみ自体が禁止されている場所もあるので、医療機関などの指示に従うこと。

運転中の通話は禁止

運転中の携帯電話使用による交通事故が激増したため、携帯電話・PHS等の運転中の使用は道路交通法で禁止されている。電話をとる一瞬や、会話そのものに気をとられると非常に危険。運転前に電源を切っておくか、ドライブモード(「ただいま運転中のため・・・」というメッセージが流れる)を設定する。電話をするときは、必ず車を安全な場所に止めてから。

カメラ付き携帯電話を利用するときのマナー

カメラ付き携帯電話での撮影は手軽で簡単にできるが、普通のカメラを使う時と同様の配慮が必要だ。人を撮影するときは、相手の了承を得る、店内の様子や商品を撮影する場合もお店の人の了承を得る、というのはカメラなら当然のマナー。また、書店で雑誌などのページを撮影するのは、場合によっては著作権侵害とみなされることもある。ルール違反と心得ること。

542 Lượt xem