外国文学

外国文学 で学ぶことの解説

外国文学とは、古代から現代にいたるまでの、日本語以外の言語で書かれた文学作品とそれにまつわる事がらについて研究する学問です。文学には、詩歌・物語・小説・日記・紀行・随筆・説話・演劇・芸能といったジャンルがあります。外国文学を学ぶときには、英米文学・フランス文学・・・というように、言語を決めて専攻することがほとんどです。
研究には日本文学と同様、作品の解釈、作家の研究、文学の歴史の研究、作品や作家と時代背景の研究、また、作品がその時代にどのような役割を担っていたかを明らかにする、作品からその時代の価値観や社会を読み解く等々、多くのアプローチがあります。言い方を変えれば、今も昔もわたしたちの精神生活を豊にしてくれる「文学」という世界を入り口に、文化、時代、社会、そして人間とは何かなど、さまざまなことを考えるのが外国文学なのです。

学部・学科選びのヒント

みなさんの中には「国際社会で活躍したい」という人も多いと思います。文学作品には、その国や時代の価値観や文化が色濃く反映されていますから、外国文学の研究を通して外国への理解を深めるのもひとつの方法です。もちろん、専攻する文学の言語も、読み書きできるように学びます。ただし外国語を使って日常のコミュニケーション能力を高めたり、その地域の文化や社会状況をしっかり学んだりしたい場合は、外国語関係の学部・学科に進むとよいでしょう。

1237 Lượt xem