宛先とCC、BCC

宛先

「宛先」の欄に複数のアドレスを入れると、連名としての通信となり、それぞれのアドレスに送られる。

CC(副次的な宛先)

「宛先」のアドレスのほかに「CC」欄に別のアドレスを入れて送信すると、両方のアドレスに同じメールが届く。「宛先」「CC」双方のメールヘッダ※には、CCで送ったことが記載される。主な宛先の人のほかに、目を通して欲しい人のアドレスを入れる。

BCC(宛先、副次的な宛先の相手に知らせずに第三者に送信する為の宛先)

「宛先」「CC」のほかに「BCC」の欄にアドレスを入れて送信すると、それぞれの相手に同じメールが届く。ただし、「宛先」「CC」双方のメールヘッダには、BCCのアドレスに送ったことが記載されない。同じ内容のメールをおくったことを「宛先」「CC」の相手に知られたくない場合、その人のアドレスを「BCC」に記入する。

※メールヘッダ:受信したメールの上部の、送信者の名前と送信日、件名などを表示する部分。

680 Lượt xem