手紙やハガキの書き方

手紙文の書き方と書体

 

手紙の書き方は社外文書に準じ、縦書きの場合には、結語(敬具など)のあとに、
日付と発信者を入れ、あて先は一番最後になります。

 

字にあまり自信のない人でも、心を込めて、楷書でていねいに書けば問題ありません。

 

 

あて名書きのコツ

 

住所は一行目に、建物の名称が入る場合には二行目にし、下端でそろうようにするときれいです。
あて名は中央に住所より大きめに書きます。

 

その際、万年筆やサインペンを使って書くと、その前に書いた住所を手でこすってしまうことがあります。
それを避けるにはあて名から先に書くといいでしょう。

 

 

法人格を正しくつける

 

社名は「株式会社」を㈱と略してはいけません。
また、前株か後株かも重要です。よく確かめて書くようにしましょう。

 

 

敬称の使い分け

 

あて名につける敬称は、
●会社や部署あて→「御中」
●職名で出すとき→「殿」「様」
●個人名で出すとき→「様」
●多勢が対象のとき→「各位」
と使い分けます。

 

封はノリで閉じるのが基本で、セロテープやホッチキスは失礼です。
合わせ目には「〆」ないし「封」と書きます。

 

 

 

ハガキのあて名書き

・自分の住所・会社名・部署・名前は、切手の下におさまるように書く
・返信ハガキになっている場合は「行」表示を二重線で消し、横に「様」と書き直す

 

封書のあて名書き

<表書き>
・封書の表書きの書き方はハガキと同じ
・「重要」「親展」「○○在中」は5文字以内の朱書きで左下に
<裏書き>
・特別な意図がない限り縦書きが普通
・裏書きに発信の日付を入れると、よりていねい

 

エアメールのあて名書き

<差出人欄>
1行目 差出人名
2行目 会社名・部署名など(役職名・部署名・会社名の順)
3行目以降 住所(番地・町村・区市郡・都道府県・郵便番号・国名の順)

 

<受取人欄>
1行目 受取人名
2行目 会社名
3行目以降 住所(国名にはアンダーラインを引く)

676 Lượt xem