来客を迎えるポイント

  1. 訪問の申し入れを受けた時は、訪問の日時・用件・人数・おおよその所要時間を確認。
  2. 2.打ち合わせに必要な書類は事前に準備。応接室や会議室の予約も忘れずに。
  3. 3.「いらっしゃいませ」と、来客には立ち上がって応対。自分への来客ではないからと見て見ぬふりをするのはマナー違反。
  4. 4.自分への来客の場合は、たとえ上司との打ち合わせ中でも一言断ってからすばやく応対。会議中などでやむをえず来客を待たせる場合も、本人が顔を出してお詫びをするか、代理の人にその旨を伝えてもらうこと。
  5. 5.名指し人が不在の場合は、「まことに申し訳ありません」と丁寧に詫び、本人にかわって訪問の用件をたずねておく。
531 Lượt xem