社内

1.課長、お客様を連れてきました。⇒お客様の面前ではもちろんのこと、たとえ相手に聞こえていなくても敬語を使う。
良→「課長、お客様をご案内して参りました(お連れいたしました)

2.(企画書を提出するとき) よければ見てもらいたいのですが…。⇒「よければ」を丁寧に。「見る」は「ご覧」と尊敬語に。「もらいたい」も謙譲語を使って「いただきたい」と丁寧に言う。
良→「よろしければご覧いただけますか…

3.この方法について部長の考えを聞かせてもらえませんか。⇒教えを乞う気持ちを言葉に表すのがポイント。「考え」を「お」をつけて丁寧に。「もらう」も尊敬表現に変える。
良→「この方法について部長のお考えをお聞かせ願えませんか

4.部長、田中常務が呼んでいます。⇒会話の相手と第三者が上位者の場合、それぞれへの敬意をこめた表現を使う。この場合、「○○でいます」より「○○でございます」を使うと、目の前の部長を敬っている表現になる。
良→「部長、田中常務がお呼びでございます

5.(課長に)課長、○○商事から電話です。⇒電話で聞こえないからといって、先方(顧客)の名前に敬称「さん」をつけないのは失礼。また、相手からの電話なので、「お」をつける。
良→「課長、○○商事さんからお電話です

6.(来客で)加藤さん、吉田さんという方が来ています。⇒敬意は話題になっている人物にも影響があるので、丁寧な表現にする。また、「という方」はあいまいな表現で失礼になる。相手は所属と名前を申し出ているはずなので、はっきり伝える。
良→「加藤さん、○○銀行の吉田さんがお見えです(おいでです)

7.明日はお休みしたいのですが。⇒「お」は相手の言動や所有物について敬意を表す接頭語。自分の行為につけるのはおかしい。
良→「明日は休ませていただきたいのですが8.お客様がおいでになられました。⇒「お~になる」に「れる」「られる」を加えると二重敬語になって、聞きづらい。すっきりと表現することも大切。
良→「お客様がおいでになりました

659 Lượt xem