電話

①.(社内の) どなたをお呼びしましょうか。⇒自分側の人に尊敬表現「どなた」を使っている。
良→「だれをお呼びしましょうか2.

②.ただいま部長が見えますので、お待ちください。⇒「見える」は「来る」の尊敬語。社内の人間に対しては使わない。上司であっても対外的には「来る」の謙譲語「参る」を使う。
良→「ただいま部長の横田が参りますので、少々お待ちください3

.③.部長が、そうおっしゃっていました。⇒「おっしゃる」は「言う」の尊敬語。外部(顧客)との対話で身内に対する尊敬表現はおかしい。「そう」も丁寧に「そのように」とする。
良→「部長の横田がそのように申しておりました4.

④.課長がご説明になります。⇒「ご説明になります」は尊敬語なので誤り。自分の上司のことであっても、お客様の前では謙譲語を使う。
良→「××の件につきまして、中村がご説明申し上げます5.

⑤.資料は、担当のものからいただいてください。⇒「いただく」は「もらう」の謙譲語。来客には、表現を変えて尊敬語にする。
良→「資料は(お手数ですが)担当のものからお受け取りください6.

⑥.足下にご注意してください。⇒「ご~してください」は、「ご~する」の謙譲語に「ください」がついた形だが、これは誤り。また、相手の足下なので「お」をつける。
良→「お足下にご注意ください7.

⑦。わかりました。他にありませんか。⇒敬語を使って同意するときは「わかりました」ではなく、「かしこまりました」や「承知いたしました」を使う。また、「ありませんか」より「ございませんか」と丁寧に言う。
良→「かしこまりました。他になにかございませんか8.

⑧.コーヒー、紅茶、どちらにいたしますか?⇒「いたす」は「する」の謙譲語。飲み物を選ぶのは相手なので、尊敬表現を使う。
良→「コーヒー、紅茶、どちらになさいますか?9.

⑨.そちらの山田部長によろしく申し上げてください。⇒相手の行為に謙譲語「申し上げる」を使っているので、間違い。
良→「そちらの山田部長(さん)にどうぞよろしくお伝えください10.

⑩.お名前は、これでいいでしょうか。⇒「お名前」「でしょう」で丁寧な表現をしているが、「これ」「いい」に敬意が払われていない。
良→「お名前は、こちらでよろしいでしょうか11.本日はどうもご苦労さまでございました。⇒「ご苦労様」は上から下へ、あるいは同位の人に労をねぎらう言葉なので、「ご苦労」の下に「さま」をつけても間違い。
良→「本日は大変お疲れ様でございました

584 Lượt xem