宛名の正しい書き方

宛名の正しい書き方

ビジネスメールでは、最初に「宛名」を書きます。宛名があれば、迷惑メールや間違いメールと勘違いされる恐れもなくなります。

基本的なメールの構成例
○○カンパニー
営業部       ← これが宛名
山田健一様

お世話になっております。
マウントラボ企画部の川谷です。

新サービスのプロモーション資料を送っていただきありがとうございました。
さっそく販促キャンペーンの検討をいたします。

まずは受け取りの確認とお礼まで。

 
宛名は必ず一行目に書きます。構成は、「社名 + 部署名 + 名前 + 様」です。名前は苗字だけでもかまいませんが、フルネームのほうがていねいな印象を与えます。相手に役職ある場合は、役職も付け足します。

役職をつけた宛名
○○カンパニー
営業部
部長 遠藤弘明様
親しくなったきたら、部署名を省いたり、「さん」付けにする場合もあります。

親しくなったら「さん」づけもあり
○○カンパニー
五十嵐さん
団体宛で個人名が分からない場合は、「御中」をつけます。個人名につける「様」の代わりなので、個人名を書く場合は必要ありません。

団体宛は「御中」
○○カンパニー
営業部御中
同じメールを複数の人に送る場合は「各位」を使います。「各位」は皆様方といった敬称です。「様」は必要ありません。「各位様」は誤りです。

複数に送る場合の宛名
・各位
・関係各位
・お客様各位
代表アドレスに送る場合は、どの部署に宛てたメールか明示します。

代表アドレスにはどこ宛てか明示する1
株式会社 三和楽器
総務部御中
代表アドレスにはどこ宛てか明示する2
○○デパート
時計売り場担当者 様

412 Lượt xem