結婚披露宴のマナー

披露宴に招かれた時の返事

社会人になると、会社関係の方から、披露宴へ招待される場合があります。出欠にかかわらず、お祝いの言葉を書き添え、できるだけ早く返事をしましょう。また、祝辞の依頼は、よほどのことがない限りお受けしましょう。

やむなく欠席する時はその理由を書きます。ただし、弔事による欠席の場合は理由は書かないでおくか、曖昧な表現で書きます。出席の返事をしたあとで、急に都合が悪くなって出席できなくなった場合は、電話や手紙で丁寧にお詫びをしましょう。代理人を立てる場合は、その旨早めに相手に知らせて、承諾を得ておきます。

欠席するときや披露宴に出席できない場合は、事前に結婚式場の住所、名称を調べ、披露宴の開宴時間の1時間以上前には届くように祝電を打ちましょう。

お金を贈るときは、新札を中包みに入れて祝儀袋に入れます。それをふくさに包んで持参し、渡す直前にふくさから取り出します。郵送する場合は、祝儀袋を現金書留の封筒に入れて贈りましょう。

品物を贈る場合は、掛け紙は結びきりの「のし紙」にし、表書きは「御祝」「御結婚御祝」などにします。

披露宴に招かれた時の服装・行動

結婚式当日の男性の服装は、昼ならモーニング、夜ならタキシードといのが正式な服装です。略式なら紺か黒のスーツに白いワイシャツ、祝辞用の銀か白のネクタイでも良いですが、靴下と靴は黒が良いです。女性はドレスの場合、純白、喪の色である黒一色は避け、アクセサリーなどで華やかに飾ります。超ミニや、背中や胸元が大きく開いたものは避けましょう。和装の場合、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖で。

時間厳守は最低限のマナーです。開宴20分前くらいには受け付けを済ませておきましょう。受け付けをすませたら、会場入り口で出迎えてくれる新郎新婦、ご媒酌人、ご両親に手短にお祝いの言葉を述べて同じテーブルの人たちに軽く会釈をしてから、席につきます。

食事が始まったら、周囲の人との会話を楽しみます。なごやかさを出すのも招かれた人の礼儀です。仲人、主賓の挨拶以外は、スピーチを聞きながら食事をしても失礼にはなりませんが、会話は控えめにしましょう。

席を離れての写真やビデオ撮影は、ケーキカットなどの司会者からの許可があった場合だけにしましょう。

上司から部下へのスピーチは、人生の先輩として結婚生活への教訓など。同僚なら思いがけないユーモアのある話など。後輩が先輩に対しての場合は、自分も見習うべき先輩の人柄などに触れると良いでしょう。

時間は3分くらいで、「切れる、分かれる、戻る、去る」などの忌みの言葉や「重ね重ね、またまた、いろいろ」などの重ね言葉は控えましょう。

人前で話すのが苦手、自信がないという人は、相手にきちんと伝えて、はっきりとお断りします。また、部下に頼まれたら会社の役職と組織を十分に考慮し、自分より上司が控えているときは、本人たちに直接了解を取ってもらいます。承諾したのならば、当日失敗のないように十分に準備しておきましょう。

596 Lượt xem