28208000313

相手に対し、事実を明確に説明する。
多少の気まずさより、大事に至ることの恐れを優先させる。
相手のメンツを立てる。

28208000313

相手からの誘いに対して上司の意見を聞き、必要以上の接待には応じないこと。
必要以上の接待は辞退する。
こちらから接待する時も、必要以上の接待はしない。

28208000313

一度にたくさん取らない
食べ切れずに残さないこと
まだ残っているうちに次の皿を取りに行かない

28208000313

上司から部下へのスピーチは、人生の先輩として結婚生活への教訓など。同僚なら思いがけないユーモアのある話など。後輩が先輩に対しての場合は、自分も見習うべき先輩の人柄などに触れると良いでしょう。

28208000313

商談が終わったらお辞儀をしてドアの前まで進み、振り返って改めて退室のお辞儀をします。 ドアを開け、室外に出たらもう一度ドアを開けたまま振り返り、「お邪魔いたしました(ありがとうございました)」と言い、会釈をしてドアを閉めます。

28208000313

まずはノックをし、相手の返事を待ってから開けます。「失礼します」と言いながら室内に入り、お辞儀(敬礼程度)をしてから、後ろに向き直り静かにドアを閉めましょう(後ろ手に閉めてはいけない)。

28208000313

姿勢を延ばし、快活に歩くようにする。
訪問先の社員が往来する廊下では、中央を歩かずにやや端寄りを歩く。
周りをキョロキョロ見回さずに、前を向いて堂々と歩く。

28208000313

忘れ物には気を付ける
□ 服装やヘアースタイル・化粧を整える
□ コートや帽子は脱いで、片手に持つ

28208000313

逆に不健康な状態だと、上司に心配をかけることになります。
 でもそれは、あなたの健康を気遣ってという意味合い以上に、
 「あなたに仕事を任せて大丈夫なのか・・・」という心配なのです。

28208000313

同僚の失敗で、上司がお客さまのところへ謝罪に行ってくれ、帰ってきました。
 同僚は「どうも、ご苦労様でした」と心を込めて感謝しました。
 すると「今、お前何と言った?」と上司は顔を真っ赤にして怒りだします。

28208000313

口元はえくぼをつくるような感じにして、
女性であればやや小首をひねるようにすると愛らしく見えたりもします。

28208000313

ネクラ → ポジティブな雰囲氣がない
無責任 → 信用・信頼を得られない
不信感 → 他者と意見を共有できない

28208000313

言葉だけでなく、表情や身振り手振りまで気になってくるはずです。
その先に新たな自分と出会えるかもしれませんよ。

28208000313

ではEメールを使って、上司に「報告・連絡・相談」をしてもいいものでしょうか。
それこそまず上司に相談です。嫌う人もいれば好む人もいるでしょう。

28208000313

そんなときは、上部の左余白にあて先名、上部右に自分の名前を書いて送るしかありません。
その際、枚数が複数あるときは、右上に1/3、2/3、3/3、と手書きの連番を振ってみてはどうでしょう。

28208000313

B5(182×257)→週刊誌、教科書など
AB判(210×257)→女性誌、グラビア誌など
A4(210×297)→パンフレット、写真集など