shinrigaku 心理学

心理学 で学ぶことの解説

心理学は、文字通り人間の心について研究する学問です。また、心は行動となって現れますから、人間の行動について研究する学問と言うこともできます。そして一口に心理学といっても、多様な研究分野があります。
たとえば人には、幼児、小学生、高校生、大人、高齢者などといった発達段階があり、それぞれに特徴的な心の状態をもっています。この過程を研究する分野を発達心理学といいます。また、社会のさまざまな状況の中での心理状態を研究するのが社会心理学、五感、記憶、学習、思考、言語理解など、人間の知的な情報処理の仕組みを研究するのが認知心理学です。
心理学を社会のために役立たせる分野としては、心の問題で苦しむ人を支援する目的で発達した臨床心理学や、人の成長に深く関わる教育に焦点をあてた教育心理学、犯罪予防や犯罪の捜査、犯罪者の更正に役立たせるための犯罪心理学などがあります。ほかにも、商店でどの商品をどこに並べればよく売れるか、建物をどう設計すれば災害のときに人は安全に非難できるかなど、心理学の成果は社会のさまざまな場所で活かされています。
心理学は研究手法も研究分野によって多様です。たとえば、社会心理学ではアンケート調査などの社会調査を行います。認知心理学は実験が不可欠ですし、脳の研究とも深く関わっていますので、大学院レベルでは脳科学と共同研究を行うこともあります。

学部・学科選びのヒント

心理学は人文学系の学部学科の中に学科やコースが設けられていることが多いですが、研究内容によっては、理系のように実験に明け暮れたり、コンピュータを使ったり、統計学をつかってデータを分析することも多いことを理解した上で、専攻する分野を選びましょう。また、教育心理学や発達心理学は教育学部でも学び、興味があれば専門的に研究することもできます。
なお、臨床心理士になるには、指定大学院や臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了するなどの条件があります

1145 Lượt xem