Học qua video “Câu chuyện Châu chấu và Kiến”

アリとキリギリス : Châu chấu và Kiến

 

夏のある日、キリギリスが野原で歌を歌っていると、アリたちがぞろぞろ歩いてきました。

「おい、アリくんたち。そんなに汗をびっしょりかいて、何をしてるんだい?」

「これはキリギリスさん、わたしたちは食べ物を運んでいるんですよ」
「ふーん。だけど、ここには食べ物がいっぱいあるじゃないか。
どうして、いちいち家に食べ物を運ぶんだい。
おれみたいに、お腹が空いたらその辺にある食べ物を食べて、あとは楽しく歌を歌ったり、遊んだりしていればいいじゃないか」
「でもね。キリギリスさん。
今は夏だから食べ物がたくさんあるけど、冬が来たら、ここも食べ物はなくなってしまいますよ。
今のうちにたくさんの食べ物を集めておかないと、あとで困りますよ」
アリたちがそう言うと、キリギリスはバカにした様に、
「ハハハハハハッ」
と、笑って。
「まだ夏が始まったばかり。冬の事は冬が来てから考えればいいのさ」

そう答えると、また歌を歌い始めました。

さて、それからも毎日キリギリスは陽気に歌って暮らし、アリたちはせっせと家に食べ物を運びました。

やがて夏が終わり、秋が来ました。

キリギリスは、ますます陽気に歌を歌っています。
そしてとうとう、寒い寒い冬がやって来ました。
野原の草はすっかり枯れ果て、キリギリスの食べ物は1つもなくなってしまいました。

「ああ、お腹が空いたな。
困ったな。
どこかに食べ物はないかなあ。
・・・あっ、そうだ。
アリくんたちが、食べ物をたくさん集めていたっけ。
よし、アリくんたちに何か食べさせてもらおう」
キリギリスは急いでアリの家にやって来ましたが、アリは家の中から、

「だから、食べ物がたくさんある夏の間に食べ物を集めておきなさいと言ったでしょう。
家には家族分の食べ物しかないから、悪いけど、キリギリスさんにはあげる事が出来ません」
と、言って、玄関を開けてくれませんでした。

キリギリスは雪の降る野原の真ん中で、寒さに震えながらしょんぼりしていました。

今、楽をしているなまけ者は、そのうち痛い目にあうというお話しです。

おしまい

Chữ Hiragana

なつ の ある ひ、キリギリス が のはら で うた を うたって いると、アリ たち が ぞろぞろ あるいて きました。

「おい、アリくん たち。そんな に あせ を びっしょり かいて、なに を してるんだい?」

「これは キリギリスさん、わたしたち は たべもの を はこんで いるんですよ」

「ふーん。だけど、ここ には たべもの が いっぱい ある じゃないか。

どうして、いちいち いえ に たべもの を はこぶんだい。

おれ みたい に、おなか が すいたら そのへん に ある もの を たべて、あと は たのしく うた を うたったり、あそんだり して いれば いいじゃないか」

「でもね。キリギリスさん。

いま は なつ だから たべもの が たくさん あるけど、ふゆ が きたら、ここ も たべもの は なくなって しまいますよ。

いま の うち に たくさん の たべもの を あつめて おかない と、あと で こまりますよ」

アリたち が そう いう と、キリギリス は バカ に した ように、

「ハハハハハハッ」

と、わらって。

「まだ なつ が はじまった ばっかり。ふゆ の こと は ふゆ が きて から かんがえれば いいのさ」

そう こたえる と、また うた を うたい はじめました。

さて、それから も まいにち キリギリス は ようき に うたって くらし、アリたち は せっせ と いえ に たべもの を はこび ました。

やがて なつ が おわり、あき が きました。

キリギリス は、ますます ようき に うた を うたって います。

そして とうとう、さむいさむい ふゆ が やって きました。

のはら の くさ は すっかり かれはて、キリギリス の たべもの は ひとつ も なくなって しまいました。

「ああ、おなか が すいたな。

こまったな。

どこか に たべもの は ないか なあ。

・・・あっ、そうだ。

アリくん たち が、たべもの を たくさん あつめて いたっけ。

よし、アリくん たち に なにか たべさせて もらおう」

キリギリス は いそいで アリ の いえ に やってきました が、アリ は いえ の なか から、

「だから、たべもの が たくさん ある なつ の あいだ に たべもの を あつめて おきなさい と いった でしょう。

いえ には かぞく の ぶん の たべもの しか ない から、わるい けど、キリギリスさん には あげる こと が できません」

と、いって、げんかん を あけて くれません でした。

キリギリス は ゆき の ふる のはら の まんなか で、さむさ に ふるえ ながら しょんぼり していました。

いま、らく を している なまけもの は、そのうち いたいめ に あう と いう おはなし です。

おしまい

Tieng Anh

One day in summer, when a grasshopper was singing in the grassy meadow, a group of ants walked by.

アリとキリギリス(The Ants and the Grasshopper)

“Hello, dear ants. What are you doing drenched in sweat?”

“Hello, grasshopper. We are conveying food.”

“Hmm… I see. But as you can see, there is plenty of food around here.

Why do you have to convey food to your home one by one?

Look at me. I eat things around here when I get hungry. I sing merrily or have fun for the rest of the time.”

“Listen, grasshopper.

We have plenty of food right now because it’s summer, but once winter comes, there will be no food to eat here.

It is better to stock up food for winter or you may get in trouble later.”

When the ants said so, the grasshopper laughed sniffly.

“Ha-ha-ha”

and he said,

“Summer time has just started. Think about winter when it arrives.”

After that, he started to sing a song again.

The grasshopper kept enjoying his life singing merrily while the ants worked hard to convey food to the house.

Before long, summer faded into autumn.

The grasshopper is singing much merrilier.

At last, a cold, cold winter has arrived.

The grassy meadow has all gone and there is not a crumb to eat for the grasshopper.

“Ah… I am starving.

It seems like I am in trouble.

I have to find something to eat somewhere… Where shall I go?”

Let me see… Oh, here it is.

I remember the ants were working hard to stock up food.

Right, I shall go to the ants’ and ask for food.”

The grasshopper rushed to the ants’, but the ant answered from the house,

“I told you to save some food during summer when there is plenty of food.

All I have here is only for my family. I’m sorry but there is nothing for you.”

He said to the grasshopper without opening the door.

The grasshopper was disappointed and shivering in the middle of the snowy filed.

If you are being lazy and having an easy life, you will get your fingers burnt in the meantime.

The end

 

Châu Chấu và Kiến


Một ngày hè trên cánh đồng, một con Châu Chấu đang vừa nhảy vừa hát líu lo thỏa thích. Một con Kiến đang cực nhọc vác một mẩu ngô đi ngang qua đó trên đường về tổ.

Châu Chấu nói: “Sao bạn không đến đây trò chuyện với tôi”, “thay vì vất vả như vậy?”

“Tôi đang cố tích trữ thức ăn cho mùa đông”, Kiến nói, “và tôi cũng khuyên anh nên làm thế đi”

“Sao lại phải bận tâm vì mùa đông?”, Châu Chấu nói, bây giờ chúng ta vẫn còn nhiều thức ăn mà”. Nhưng Kiến vẫn lê bước tiếp tục công việc cực nhọc của mình.

Khi mùa đông đến, Châu Chấu mới nhận ra là mình đang chết đói, trong khi bầy Kiến ngày ngày phân phát ngô, lúa mà chúng đã thu nhặt trong mùa hè.

“Và rồi Châu Chấu biết rằng…

Tốt nhất là nên
“tích cốc phòng cơ, tích y phòng hàn”

 

Học tiếng Nhật Bản

1728 Lượt xem